社長ブログ

社長ブログ
/ President Blog

新築後2年点検 床下 小屋裏 日頃見れないとこまで 福岡 注文住宅 福建住宅株式会社

2016.08.30 カテゴリー:福建住宅株式会社の特長
昨日、新築後2年点検に現場監督とクロス職人さんと行って来ました。 上の写真、綺麗な床下でしょう? 室内の点検はもちろんですが、日頃お客様がなかなか見れない床下、小屋裏もすべて点検するのが弊社の2年点検です。 弊社の家は、床下空間をすべて点検できるように作っています。このように床下空間をつくると点検とメンテナンスが容易になり、床下の空気の流れも良くなるんです。 家を支える基礎、その基礎にある空間が床下、その床下が良好であることは家の耐久性と住み心地に影響する大事な部分なんです。 点検は目視と同時に鼻でもします。見るだけでなく、匂いを確かめます。不健康な家、問題が起こった家は匂いで危険信号を発します。そのほとんどはカビ臭い匂いです。水漏れや結露により木が濡れるとカビが発生し木を腐らせます。最初の危険信号が「カビ臭い匂い」なんです。 匂いは、床下点検口を空けた瞬間にします。この家では当然、プ~ンといい木の香りがします。健康な家は木の香りがするんです。ああこれで大丈夫、そう確信できるんです。 皆さんもご自宅の床下の匂い嗅いでみませんか?家の健康状態が分かりますよ!! 室内の嫌な匂いがカビ臭い場合はご注意ください。家が発する危険信号かもしれません!! 臭いからってなんでもかんでもファブリーズを振り掛けていたら大変なことになりますよ。匂いには必ず原因があります。原因が分かった時にファブリーズしましょう!出ないと家の発した危険信号を見落とす結果になるのですから。 原因が分からない時は、家をつくった住宅会社に聞きしましょう。 または、弊社にご連絡いただいてもOKです。いつでもご相談にのりますよ。
一覧へもどる

お電話、またはフォームよりお気軽にお問合わせください。

当社に関するご質問や、各種サービスに関するご相談は、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら
TOP