会社概要

家づくりのおもい

一生に一度の人生、幸せでありたい。

ご家族の幸せを見守るのは、安心して暮らせる家です。福建住宅は、家は幸せの基本だと考えています。
そして、お客さんと一緒に幸せになるための家づくりをします。

幸せの家造りは、健康にこだわります。
住み心地にこだわります。
快適性にこだわります。
耐久性にこだわります。
安全性にこだわります。
省エネにこだわります。
オリジナリティーにこだわります。
安心感を大切にします。
アフターサービスを大切にします。
お客様との出会いを大切にします。

~「住み心地」の良い家は、住む人にも住む街にも優しい健康でエコな家となる~

文章ここまで

3つの誓い

正直お打ち合わせ中も工事中もお引渡し後も正直であり続けたいとの思いで全社員仕事をしています。
全ての工事工程を写真に収め、お客様にお渡ししていること。 社長のブログで、ほぼ毎日工事写真をアップして分りやすく説明していること。

正直家づくりは、<分らないこと><見えないこと>が多々あると思います。
その一つ一つを丁寧に説明しご納得いただくのが福建スタイルです。

正直いつでもだれにでも笑顔で挨拶が福建スタイルです。
お客様も、福建住宅の社員も取引の業者もみんなが笑顔で毎日を暮らせるように! 
笑顔の挨拶が第一歩です。

文章ここまで

福建住宅の家づくり

福建住宅の家づくり、それは「素敵で快適な」家づくりです。
安全で安心して、快適で健康な家は、エコでお客様の笑顔あふれる家になります。
そして「快適で健康な住み心地」の良い家は、住む人にも、住む町にも優しいエコな家となります。
その家は”きれいな空気の家”となり、”健康な家”になるのです。

文章ここまで

きれいな空気で健康な家

きれいな空気で健康な家こんな考えで家をつくっています 家をつくろうと考えた時に、多くの方はご予算・外観・間取り・デザインが最初に頭に浮ぶのではありませんか。その考えは決して間違いではありません。 しかし、空気のことを考えて家づくりを始めてみませんか!!
それは、健康のこと、家族のこと、安全のことをすべて考えた家づくりだからです。
『空気???』と思いますよね。 人が生活していく上で欠かせないもの=「衣・食・住」と言いますね。どれも大切です。でも、あまりにも当たり前で忘れているものが一つあるのです。そうです、『空気』です。お金を出して買うものではないので意識が薄いのかもしれませんね。

我々人は生涯に於いて室内の空気を57%も摂取しています。 我々は、一日に約10m³の空気を吸いそして吐いています。(成人男性を基準としています) 重量換算して約13kgにもなる空気を吸っているのです。 一日の食事や飲み物の量と比べて実に多いものだと思いませんか。
我々は、24時間呼吸をしています。家の空気、外の空気、会社の空気、公共(学校、図書館、駅など)の空気とあらゆる場所の空気を吸っています。
外の空気、会社の空気などは一人の力ではどうすることも出来ませんが、家の空気をきれいにすることは出来るのです。
家の空気がきれいになると我々の健康に直結するのは言うまでもありません。 また、お年寄りや子供など家にいる時間が長い人ほどその影響と、健康に占める比重も大きくなります。 近年のシックハウス症候群や、ハウスダストを原因とするアトピー性皮膚炎・小児気管支喘息の問題は、家の空気が健康に与える影響の大きさを物語ってい ます。
家の空気をきれいにするのは空気清浄機ではありませんよ!!
家づくりを考えてつくることで出来るのです!!

健康を考える時に、食べ物や飲み物=サプリメントや浄水器を考えることも必要かもしれませんが、『空気』を第一に考えてみましょう。

文章ここまで

結露を起こさない家は、空気のきれいな家

きれいな空気で健康な家家の空気を汚す原因は食べ物、ゴミや居住者の呼吸や体臭等実にたくさんあります。 『家づくり』の際にきちんとした工事が為されていなければ、根本的な解決を図ることが出来ないものもあります。特に結露によるカビ・ダニです。
結露は、温度差が大きい時におこる水蒸気の移動によって発生します。 冷たい飲み物が入っているコップの表面。クーラーの効いた部屋から暑い外に出た時のめがねのレンズ。様々な場所で起こっている現象です。
家の結露として一番顕著なのは、窓ガラスです。
我々のお客様でも家を建て替える理由の一つに上げられる方が多いです。
窓ガラスの結露を放置していると、窓枠の木材を腐らせたり、窓周りの壁紙(クロス) にカビが生えたりと更に被害が大きくなるのも厄介な点です。
また、窓ガラスはお掃除できるのですが、壁の中や床下、天井裏に結露が発生して水分が溜まっているとしたらどうですか?
そこは日頃お手入れできない場所ですので、結露によって木が腐食したり、カビが発生したりと家そのものに大きなダメージを与えることになります。 その結果、室内の空気も汚してしまいます。

我々人は生涯に於いて室内の空気を57%も摂取しています。 結露をおこさない家は、空気のきれいな家です。 では、家が結露しないようにするにはどうしたら良いのでしょう?
それは、家のどこを断熱するのか(断熱材の場所) 断熱材は何を使えば良いのか(断熱材の性能と種類)、断熱材の施工精度(隙間なく施工する、高気密)、熱の移動の特性・水蒸気(水分)移動の特性を知る、空気 の移動を考える(換気を考える)、室内の温度環境を考える(家屋内の室内の温度をさげる) 上記のことが重要です。
家の性能に関わることは、きれいな空気で説明できます。
家がただ単に暖かいだけの断熱ではなく、きれいな空気を保てる断熱であること。そして、換気計画により空気が入れ替わる家であること。
そのためには隙間を少なくした高気密住宅でなければいけません。

文章ここまで

家の空気は"人の健康"と"家の健康"のバロメーター

それは、“人の健康”と“家の健康”のバロメーターです。
そしてそれは偶然出来るものではありません。
『きれいな空気の家』を理解している工務店とその社員、工事に携わる全ての職人さん作業員さんが理解して工事して初めて できるのです。
『きれいな空気の家』は、手造りでしかできません。心を込めた手造りです。
『きれいな空気の家』を我々福建住宅と一緒につくりましょう。
そして笑顔溢れた健康な生活をしましょう。
快適で健康的な住み心地の良い家は、住む人にも、住む街にも優しいエコな家となります。 

文章ここまで

ページTOPへ