会社概要

大工の技・棟梁の心

大工の技・棟梁の心

大工の技・棟梁の心注文住宅は、文字通りその家に住まれる方のためだけの注文で造る家であり、日本においてただ一棟だけ、そしてそのご家族だけの為の家です。
家族構成、家に対する要望・希望、敷地の状況、近隣の家の状況、現在の家の不満点、ご家族の将来などなどさまざまな項目を詳細な打ち合わせを重ねながら家 造りを行ないます。
注文住宅の難しいところは、先ずその家が何処にも出来ていないことです。

文章ここまで

大工さんの匠の技なくして『住み心地の良い家』は造れません。

『青い色』で、イメージする色合いは?
『青い色』といっても濃い青・薄い青・水色と人が頭の中でイメージしている色を、自分も完全にイメージ出来るのか?という と非常に難しいことです。そこで、写真や実際の色を指さして、「この『青い色』です。」というお互いのイメージ確認をする ことで初めて同じ青い色のイメージを共有することになります。
このように家に対するイメージを一つ一つお互いに確認をして 合致させながら行なわないといけない作業が、注文住宅ではたくさん必要になってきます。
ですが、家が完成してお引渡しを済ませたお客さんに話を聞くと「図面(プラン)を決めている時や仕様(仕様材料や色きめ) を決めている時は大変だったけど、今思い返すとあの頃が一番楽しかったです。」というお言葉が多いのです。
ですからそのなかでの作業は、けっして苦になるものではなく、楽しい夢にあふれた作業になります。
我々工務店は、その計画の際に『如何にプロとして的確なアドバイスが出来るか!!』が問われます。
一棟の家を造るのには約3万点の材料、素材を、大工さんを始めとした職人さんメーカーさん技術者さんと福建住宅が共同作業 でつくり上げていきます。
特に木造軸組み工法の注文住宅においては、大工さんの匠の技なくして『住み心地の良い家』は造れません。

文章ここまで

棟梁の生の声を紹介します。

棟梁の声「私がいつも心がけている事は、お客様に100% 満足をしていただける様、一生懸命仕事する事です。
実際、注文住宅の為100%のご要望を取り入れる事 は難しいと思いますがお客様の納得がいく様、誠意が伝わる様、勤めて行きたいと思っています。
昔の建て方とは違い年々工夫され、戸惑う事もあります。私もまだ勉強中です。
“ソーラーサーキットの家”は四季を通して気持ち良く生活できる様に工夫されており大変すばらしいと工事をしながらも感じています。

これからの時代は高齢化社会です。介護を必要とする人、介護する人。
また、アトピー性皮膚炎・喘息の子供など温度・湿度調節が大切です。
少しでも病気が治まり気持ちが安らぐ、優しい家になることは私も確信できます。
“ソーラーサーキットの家”は、住む人の笑顔が見える家だと思います。そんな家を大工は建てたいと思います。
建築後のお客様の笑顔が私にとって最高の幸せです。
これからもお客様と会社(工務店)と十分な打ち合わせを行い、謙虚な気持ちで建てさせて頂きたいと思います。」 美味しい料理の最高の調味料は『まごころ』だと言われますよね。
『まごころ』とは、心を込めて丁寧に作ることだと私は思います。そして、じっくり時間をかける事でもあります。
長時間煮込むことにより、より味がしみて美味しい料理になりますから。
家についても一緒です。棟梁の『まごころ』によってよりいっそう住み心地の良い家になります。
一つ一つの工事を丁寧に行なってこそ、隙間の少ない家=高気密住宅になるのです。
そして、工事の意味を棟梁がきちんと理解してこそ、現在の技術の高気密高断熱と古(いにしえ)からの木造技術の真骨頂である躯 体内通気を融合させえた“ソーラーサーキットの家”になるのです。
ですから、大工工事が他の工法に比べて長くなってしまいます。 それだけ『まごころ』がいっぱいの家なのです。

大工の「外部の大工工事では、断熱材の張り方や気密テープの張り方は良いか、ビス穴はないか、アウターはきちんと取れているかなどに注意を払っております。内部においては、胴縁の入れ方は良いか、空気の流れは出来ているかを検査しながら工事しています。気密検査は自分の工事の集大成なのでどれぐらいで仕上がっているかが一番気になる所です。どの家も気密0.1を目指し、どの工事でもお客様とのトラブルがないように心がけて工事をしています。」
「“SCの家”は手掛かりが大変です。まずは、断熱材の張り方、気密をとるための隙間をなくす。気密テープを確実に行う。
板胴打ちビスを正確に間柱にとめる事。いつでもですけど、お客様の立場になって仕事して集中し、またいろんな所に気をくばり心がけて工事をしています。」

文章ここまで

棟梁はその家の大工さんの最高責任者。

棟梁の生の声です。今までの家造りにおいて、大工の棟梁の評価というのは見かけの仕上がりなど目で見えるものと、お客さん からの感謝の声でした。
言い換えれば時にそれは、主観による曖昧なものでもありました。
しかし、“ソーラーサーキットの家”は全ての家で気密検査を行ないます。
快適な住み心地を求める高断熱の家には欠かせない高気密がきちんと両立出来ているのかを数値で表す検査です。
それにより、棟梁の仕事がC値という数字によって正確に表されるのです。
それは、曖昧な個別の判断ではなく具体的な数値によって大工工事が評価される事にもなります。
SCの家の取り組み当初は、気密検査日にドキドキハラハラだった棟梁たちも今では自分の仕事が具体的に数値で表されるので、逆にやりがいと目標を持って仕事に取り組んでいます。
そしてそれは、ただ単に良いC値を求めるのではなく、何の為にC値が大切か、今している工事はどうして大事なのかをしっかり知って工事をしている事が大切なのです。
『家』は、工事が完成してしまうと仕上げ工事以外は日常生活においては我々の眼に触れることはありません。
棟梁の行なった大工工事のほとんどは生活している時には目に触れないものです。しかし、本当はそこが一番大切なのです。
お客さんの思い。工務店の設計計画。そこを形にしていくのが大工の棟梁です。

文章ここまで

大工の技術は日本古来から脈々と受け継がれた伝統文化

大工の技術は日本古来から脈々と受け継がれた伝統文化一人前の大工さんになるのは、長い修行年数を経なければなりません。
一昔前までは、10年で一人前と言わていました。
木材加工のプレカットが進んだ現在でも、4~5年は修行期間が要るのではと思います。 また、木造軸組み工法の家の場合はすべての大工工事を行なわなければならないので修行も大変です。
(2×4やプレハブ住宅の場合は、構造の大工さん、仕上げ工事の大工さん、和室工事の大工さんと大工工事の工程別に仕事を分けてその仕事専用で大工工事をしている大工さんがいる場合があります。) そして、大工さんの修行は一子相伝のごとく親方からお弟子さんへと伝えていきます。
ですから極端な話、日本古来から脈々と受け継がれた伝統文化そのものといえます。
最近はその伝統文化に加えて耐震等の最新の技術を取り入れたものとなっています。
トントン♪カンカン♪ 木材と金鎚が奏でるメロディー♪建築現場に聴きに行きませんか。

我々人は生涯に於いて室内の空気を57%も摂取しています。 結露をおこさない家は、空気のきれいな家です。 では、家が結露しないようにするにはどうしたら良いのでしょう?
それは、家のどこを断熱するのか(断熱材の場所) 断熱材は何を使えば良いのか(断熱材の性能と種類)、断熱材の施工精度(隙間なく施工する、高気密)、熱の移動の特性・水蒸気(水分)移動の特性を知る、空気 の移動を考える(換気を考える)、室内の温度環境を考える(家屋内の室内の温度をさげる) 上記のことが重要です。
家の性能に関わることは、きれいな空気で説明できます。
家がただ単に暖かいだけの断熱ではなく、きれいな空気を保てる断熱であること。そして、換気計画により空気が入れ替わる家であること。
そのためには隙間を少なくした高気密住宅でなければいけません。

文章ここまで

大工の技術を活かせる“安心して楽しく暮らせるソーラーサーキットの家”をつくります。

社長「棟梁、仕事楽しそうですね?おもしろいでしょ?楽しいでしょ?」

工事中の現場で働く大工の棟梁や大工さんを見ているとつくづく思うのです。
そして、つい上記のように声をかけてしまいます。 男性の方は良く分かると思うのですが(女性の方にもいらっしゃるかも)、子供の時にプラモデルや木工工作、ラジオなど作る のが好きでしたよね。
ほとんどの場合、作っているのか壊しているのか分からなくなりもしましたが・・・物作りの楽しさを知っているのです。
そして難しさも。

棟梁「社長、仕事となると楽しんでいられないですよ!!真剣勝負ですから!!」
棟梁から答えが返って来ます。そうですよね。当たり前です。でも、私には大工の棟梁のうしろ姿は楽しんで仕事に取り組んで いるように見えます。その姿こそ職人さんだと思います。

社長「棟梁、子供のころから大工さんになろうと思っていました?」

棟梁「それは、そうですね・・・ 思っていました。」
と、少し恥ずかしそうに棟梁は答えます。答える時の棟梁の顔には少年のようなハニカミが見えます。
幼い頃からの夢を実現して、仕事をしている大工さん。将来の目標が無く、とりあえず大工になったという大工さんを私は知りません。素晴しい事だと思います。家造りに携わるすべての人が、このような気持ちで仕事が出来たらと思っています。
だからこそ、その技術を活かす為の図面を作成し、住み心地を第一とし、幼子からお年寄りまで家族が安心して楽しく暮らせる “ソーラーサーキットの家”をつくります。

文章ここまで

ページTOPへ