会社概要

『換気』って何?

気密とは家をつくる際に、隙間なくつくることです。

建築基準法の改正により、家には24時換気を付けることが義務付けされました。
その理由は、シックハウス対策です。ホルムアルデヒトといった化学物質を建材などで使用制限し、さらに24時間換気で屋外に排出することで健康被害をなくすためです。

気密とは家をつくる際に隙間なくつくることです。福建住宅の家づくりコンセプトは、「きれいな空気」の家づくりです。それは、左のグラフでも分るように我々人は生涯に於いて室内の空気を57%も摂取しています。
その室内の空気がきれいであるならば、健康で暮らせること思いませんか?
換気というのは、室内の空気を換気してきれいにすることですが、先の気密のところでも書きましたが、24時間換気システムを取り付けただけではきれいな空気になりません。
室内の空気を汚す結露を起こさないように「断熱」「気密」工事をおこない、24時間換気システムをつけて初めて「換気」といえるのです。 気の方法として、第1種換気、第3種換気があり、それぞれ長所短所があります。

文章ここまで

第1種換気

第1種換気換気機械で給気と排気をおこないます。強制給気、強制排気です。 機械で給気も排気もおこなうので計画換気が容易です。またソーラーサーキットの家で使用する換気機械はSC-SVシステムで、熱交換式ですので冷暖房のロスが非常に少ないメリットもあります。また、『リフレア』という新たなシステムにより全館除湿が出来る優れものです。欠点は、換気機械のメンテナンスを6ヶ月に1度以上行う必要があること。 ランニングコストが第3種より高いことです。

文章ここまで

第3種換気

換気機械で排気をおこない、給気は給気口からの自然給気です。強制排気、自然排気です。
メリットは、機械がシンプルでお手入れは1~2年に一度で、ランニングコストが低いこと。デメリットは、自然給気のため高気密住宅でないとその性能がフルに活かせず、冷暖房の効率が第1種に比べて低くなることです。

文章ここまで

ソーラーサーキットについて詳しく見る

ソーラーサーキットの家

お電話、またはフォームよりお気軽にお問合わせください。
フリーダイヤル0120-1557-14 問い合わせフォームはこちら

ページTOPへ