社長ブログ

社長ブログ
/ President Blog

地縄張り 土地にひもで家の形大きさを記します 外断熱二重通気工法でつくるカネカの家ソーラーサーキット

2018.01.05 カテゴリー:那珂川町天空の家SC
那珂川町に外断熱二重通気工法でつくる天空の家SC、解体工事が終わり建築工事の開始です。 先ず、敷地にひもを使い家の形大きさを記す地縄(じなわ)張りです。昔はひもでなく縄(なわ)を使っていたので地縄といいます。
地縄を張ることで家の大きさ配置がよく分かります。
地縄張り完了です。 地縄や基礎工事の際に注意することがあります。それはどうしても家が小さく見えてしまうことです。 普段我々が見る家は屋根まである大きなものです。しかし、地縄や基礎工事の際には、家は目線より下となり見下ろした形になるんです。 ですからどうしても家が小さく感じてしまいます。 しかし安心してください。それは小さく感じているだけで、本当に小さい分けではありません。
一覧へもどる

お電話、またはフォームよりお気軽にお問合わせください。

当社に関するご質問や、各種サービスに関するご相談は、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら
TOP